私たちについて

日本Scalaユーザーズグループ設立趣旨

日本Scalaユーザーズグループは、

  • Scalaに関するノウハウの共有
  • Scalaコミュニティ間での交流の促進
  • 国内でのScala採用事例の掲載
  • コラボレーションの促進(ドキュメントの翻訳など)

を行う事で、Scalaのより一層の普及を図る事を目的として発足しました。特に、

  • Scalaを現場で導入している方
  • Scalaの現場での導入を検討している方
  • Scalaに興味のある方

は、日本Scalaユーザーズグループ MLに入る事をお勧めします。MLでは、Scalaに関する質問や回答の他、イベントの告知や翻訳者の募集、ScalaのTipsに関する投稿等も歓迎します。MLへの加入をもって、日本Scalaユーザーズグループへの参加とみなします。ユーザーズグループのメンバになる事による義務は特に発生しませんので、お気軽に加入ください。

Scalaは新しい言語です。実際、世界中で有名・無名の技術者がScalaを学び、利用し、時にはコミッターとして開発に参加したりもしています。年齢や、経験、肩書きなどに捕らわれず、自由に参加して下さい。また、Scala初心者の方であっても、遠慮なく質問してください。もちろん、(一般的な)最低限のマナーは守るのが好ましいですが、「自分はScala初心者だから…」という理由で質問を躊躇するのは勿体無いことです。

Let’s Scala !

Scalaについて

Scalaは、

  • 簡潔な記述が可能な文法(典型的にはJavaの1/3~1/4程度)
  • 安全なプログラムが記述しやすい言語仕様
  • 既存のJavaライブラリ資産のほとんどをScalaから容易に利用可能
  • Javaと同等の速度を誇る高速な処理系
  • 型安全で強力なコレクションライブラリ
  • 並列、分散処理を意識した言語設計

等の特長を持ったプログラミング言語で、2008年にTwitterがScalaを採用した 事で大きく注目を集め始めました。2011年現在で、IDEやビルドシステム、テスティング フレームワークなどの基盤ツールも成熟しており、現場で利用可能な環境が整っています。

海外では、Twitter、LinkedIn、VMWare、Amazon.com、Novell、 Xerox、NASA, Bank of America、Foursquare、Remember the Milkなどの企業でScala が採用されています。

日本国内でもScalaを採用している企業が徐々に増えています。 また、全国各地でScalaの勉強会が開かれるなどの活発なコミュニティ活動が存在します。

Scalaの名前の由来

Scalaは、「SCAlable LAnguage」の略で、小さいプログラムも大きなプログラムも同様に 記述でき(プログラムの規模に対してスケールする)、拡張可能な言語という意味を持って います。また、Scalaは、イタリア語で、「階段」を意味しており、これは、Scalaのロゴ マークの由来になっています。

発起人一覧

  • 株式会社ドワンゴ 水島 宏太 (ScalaJP 代表)
  • 加藤 潤一(@j5ik2o)
  • 株式会社サムライズム 山本 裕介
  • 株式会社豆蔵 羽生田 栄一
  • 吉田 憲治
  • アスタミューゼ株式会社 三木 隆史
  • アスタミューゼ株式会社 白木 陽次
  • 高橋 俊幸
  • 有限会社ITプランニング 小笠原啓
  • 有限会社浅海智晴事務所 浅海智晴
  • 尾崎 智仁

comments powered by Disqus