ScalaアーティファクトがMavenセントラルリポジトリに – Scala-toolsは引退

12 Feb 2012

Created by bagwell on 2012-02-07. Updated: 2012-02-09, 11:34 (翻訳掲載 2012-02-12 mhanada)

数週間前まではscala-tools.orgがホストしているScalaアーティファクトのカスタムリポジトリを使用するすべてのScalaプロジェクは少し余分な設定をする必要がありました。今ではもっと楽になり、ScalaアーティファクトをMavenセントラルリポジトリから直接利用できるようになっています。Scala-toolsはその役目を終えるでしょう。scala-tools.orgのコンテンツはSonatype OSSリポジトリホスティングサービスに統合されており、他のプロジェクトは既にMavenセントラルでアーティファクトの提供を開始しています。

これはScalaコミュニティにとってすばらしいニュースです。Sonatypeホスティングの大きな利点はあなたのプロジェクトがMavenセントラル上にのるということであり、つまりあなたのユーザに多大な利便性をもたらすことになります。高速にダウンロードできるミラーが無数にあり、アクセスが保証され、しっかりした企業があなたのアーティファクトの配布を支えてくれます。このおかげでScalaはもっと簡単に使えるようになり、商用利用するユーザのコミュニティ拡大に必要な堅牢性がScalaのエコシステムに与えられます。

続きを読む(原文)


comments powered by Disqus